主夫の子育て

幼稚園選びのコツ・決め手 ~失敗・後悔しないために~

はじめに

幼稚園選びって、すごく迷いますよね。
たかが幼稚園、されど幼稚園。
こどもの社会生活デビューですから、ぜひとも最高の環境を用意してあげたいですよね。
でも、幼稚園がたくさんありすぎて、何を基準に選べばいいのかわからなくなってしまいます。

うちは、上の子場合は、ラッキーなことにとてもピッタリな園に入って楽しく過ごすことができました。
そして、下の子の園を選ぶ時には、いろいろ考慮すべき点が見えてきました。

また、2019年10月から<幼児教育無償化>も始まります。これで、幼稚園選びの大きなポイントであった<費用>の優先度が下がることになるのでしょう。

保育園が多数派になっている今、少数派になりつつある幼稚園ですが、幼稚園選びの考え方、ポイントを書きました。

2019年幼児教育無償化が始まる

幼児教育無償化:幼稚園のお金

まずは、コレから!
子育て世代にとっては大きな制度改革がありました。2019年10月から幼児教育無償化がスタートします。
ここのテーマである幼稚園に関係するポイントのみ、情報をピックアップしてみましょう。

▶︎開始:2019年10月より
▶︎無償化の内容
・幼稚園は月2万5700円まで無償
・預かり保育を併用する場合は上記に加え月1万1300円まで無償
・給食費は実費(ただし、副食費の免除対象を、年収360万円未満の世帯まで拡大)

私立の幼稚園にかかる費用は平均ですと、給食費込みでざっと月3万程度とされています。
僕も実感としてその程度かな、と思います。
公立では、私立の約半額程度が一般的なので1〜2万円程度といわれています。

無償化になると、
・私立では月5000円程度足が出る
・公立ではほぼ費用なしでOK
ということになるでしょう。

私立と公立の差は、入学金などの違いはあれど、月々5000円程度になることでしょう。
給食代のみか、5000円+給食費か・・・でもやっぱり気になりますね。

幼稚園・設置元による種類

幼稚園というカテゴリーのなかにも、実は設置元がいろいろあります。
大きく分けると

・国立
・私立(インターナショナルを含む)
・公立

ざっと分けるとこの3つあります。
全国で国立私立公立の幼稚園のざっくりした数を数えると、国立は50弱、公立が5000強、私立が8000強となっております。
私立が公立の1.5倍程度でしょうか。

私立と一括りにしても、実は私立だからこそ色々な園があります。
一部の私立では国立と同じくいわゆる<お受験>があります。倍率も高かったりします。

幼児教育無償化で、国立と公立はもともと低い自己負担額がさらに低くなりますが、私立はもともとそれなりに費用が掛かるので、無償化でも足が出るかもしれません。
そもそも私立の園では、月5万円以上の費用が必要な園もあったり、ピンキリだからです。私立を考えている方は、無償化といえども費用のチェックは必要かもしれません。

園のカラー×こどものカラー

幼稚園のカラーには大きく2つに分けると
・のびのび系
・おっとり系
に分かれます。

のびのび系は、広い運動場やダイナミックな遊具が自慢であったり、お外遊びに力を入れている事が多いです。また、体操をよく取り入れており、運動会も迫力のある仕上がりになっています。

一方、おっとり系は、どちらかというと女の子が多いところが多く、ものつくり活動や丁寧なおもちゃが素敵です。
園としても、少人数で丁寧に、というスタンスである園が多いです。

この分類、一見すると大雑把で、あまり意味がないものに思われるかもしれませんが、すごく大切なんです。

と、いうのも、園のカラーというのは、園の教育方針に一致します。
ですから、その子にとって大切にしてあげたい個性が、その園の教育方針に一致すれば、違和感なく溶け込め、より良い成長が期待でき、本人も親も園もみなhappyなのです。

ところが、おっとり系の子が、のびのび系でわんぱくな子が多い園に行くとすると、わんぱくな子たちがメインストリームで、おっとりさんおっとりくんは気圧されてしまいます。
ひとりでゆっくり遊びたいのに、やんちゃなわんぱくくんに横入りされてじゃまされたり、静かに過ごしたいのにちょっかいをかけられたり・・・・おっとり君にとっては、なかなかのストレスな環境になってしまいます。

逆に、わんぱくくんがおっとり系に行くと、決して悪いことではないはずの、元気でにぎやかなことが、かえって悪目立ちする事になります。
先生に注意されやすかったり、悪者にされてしまいがちになります。

三つ子の魂百までとは、よく言ったもので、たとえ幼稚園児でも、こどもの個性を園のカラーに合わせることは、中々難しいことです。
そしてその努力というのは、あまり幸福なことではないと思うのです。

ですから、やっぱり、入園前にはわが子のカラーを理解して、園を選ぶのが良いでしょう。

お付き合いの出費のバロメーターは、小学校受験組がどの程度いるかと比例する

幼稚園に入ると、結構バカにならないのが<親子のお付き合い>です。
僕も、入園前は
「別に、そんなにべったり行かなくていいじゃん、園以外でも付き合うなんてごめんだよ」
と、思っていましたが、結構、付き合ってます。

理由は、

・こどもぐるみだから。
・いろいろな情報交換ができるから。

親だけのお食事会は、いろいろな情報交換ができて、それはそれで有意義なので、余裕のある時、気持ちよく参加できるときに参加しています。
ランチ1回1500-2000円くらいですから、お金と時間と心に余裕のある時のみ参加させてもらってます。

ところが、子供も含まれると、そうはいきません。
「みんないくからぼくもいきたい。」と息子に泣きつかれるわけです。

自分が億劫なせいで、子どもに悲しい思いをさせるのもかわいそうだな・・・と思って参加表明すると、
[子連れ歓迎の<ホテルランチ>にしました♡広々しててご飯も美味しくて、子供が喜ぶ××が〇〇で〜]
とかなるわけです。
これがかさむと結構キツイ・・・
だからと言って、行きたがるこどもを無碍にもできないし・・・・

幼稚園でのお付き合いは大切、だけれど、それと出費のバランス・・・・。

では、華やかなお付き合いのある園ってどんなところでしょうか?
いろいろな噂で園の様子は、なんとなくわかることもあるのですが、一番シンプルに分かるバロメーターがあります。
それは、私立小学校への進学率です。

今や私立中高への進学は、一般サラリーマン家庭でも普通で、共働きであればなおのことです。
しかし、私立小学校への進学は、余裕がないとなかなか厳しいものがあります。

園によって、私立小への進学率は大きく違います。伝統的に私立小学校へ行かせるご家庭が好む園というのが、どこの地域にも2-3つはあります。
私立志望の方は、積極的にそのような園を選択するのが良いと思います。
しかし、このような園は、比較的裕福なご家庭が多く、特別な資産のない年収1000万円程度では最下層だと思われます。
みじめな思いまではしないまでも、お付き合いが苦しいかな、という印象はあります。
多くが、会社経営、医者、サラリーマンであれば大手企業で共働き、という感じです。

通園されているご家庭の年収を調べる方法はないですが、私立小学校への進学率をみれば、大体の層がつかめます。
ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA