ド素人が【アドセンスに9記事で合格】① 2019年版 コンテンツの量が不十分からの合格体験記

投稿者: | 2019年3月17日

はじめに

このたび、わたくし、にわとり夫はgoogle AdSenseに合格いたしました。やったー!
実は僕(厳密には妻、後述)は、これ以外にも運営しているブログ(ブログA)がございまして、そちらは2019年1月に合格をいただいており、今回こちら、僕のプライベートブログ【にわとり夫のまいにち】も合格をいただきました。
2本合格を通して、なんとなくコツがつかめてきましたので、このたびgoogle AdSenseの審査突破について、まとめてみます

よそ様のサイトには、大変充実した技術的な項目、設定内容が書かれております。
僕も、さまざまなサイト様を参考にさせていただいたことで、よちよちひよこ歩きで合格することができました。世には、素晴らしいテクニカルについて書かれたサイトが数多あります。
しかし、僕は、残念ながらパソコンもプログラミングもドっ素人でcssとか全くわかりません
それでも、まあ、なんとか2本とも1か月以内に合格することができました。

この記事では、【わけわからない素人ができる範囲で頑張って対策して合格できた】というところがウリです。
ド素人はこんな風にして、合格にたどり着いたよーというレポートをしますので、アドセンス審査に悩まれている方の参考になれば幸いです。

プロローグ

もともと、この【にわとり夫のまいにち】は、もう少し日記テイストで主夫の日々を雑記的に面白おかしく綴っていこう、というのがコンセプトでした。

しばらくしてから、世の中にはアドセンスやアフィリエイトというものがあるらしい、と知り、主夫という後ろめたさもあり、一度チャレンジしてみよう!と思いつきました。まずは、特に調べもせずに、審査の体裁のみ整え【はてなブログの有料版+独自ドメイン】で雑記テイストのまま審査に出しましたがもちろん撃沈

申請から2週間後の12月9日に沈められました。その時の不承認理由の詳細は記録していないのですが、大枠としては、<無価値なコンテンツ>で撃沈・・・・・。あんたのコンテンツ、ほんとつまんないからみたいな心えぐられる内容だったことは覚えています。

それから色々、先輩方のブログを読み漁り読み漁りましたが、日記雑記では審査突破は困難というのが定説でした。さらに読み漁ると、アドセンス様のお好みは、辞書的な How toサイトであることがわかりました。

【にわとり夫のまいにち】は、つまんないと言われようとも、雑記テイストがコンセプトなので、そこを曲げるわけにはいきません。
その時に、似たような方がおられて、審査用ブログでとりあえずアドセンス通しちゃいなよ!という、裏技を書かれていました。

なるほど!と閃いた僕は、【にわとり夫のまいにち】をアドセンス審査に出すのは、一度塩漬けにし、アドセンス審査突破のため、審査ブログを立ち上げる事にしたのです。
(しかし、2018年秋から、1アドセンス複数サイト無審査制ではなく、追加サイト毎の追加審査制になっていた、という事実をしらない情弱なとり夫だったのでした。)

審査ブログA開始

そして、2018年12月中旬から審査用ブログ(ブログA)を作成することにしました。
テーマとしては、何がいいか散々迷いました。
How to と言われてもなぁ、僕はただの主夫だし〜と、隣に目をやるとあくびしながらテレビを見ている専門職の妻がいるではありませんか!

よし、妻の専門的知識を利用して、審査ブログを書くのだ!と思いつきました。
「忙しい私を巻き込むな」と妻には叱責されましたが、専門職の妻と僕の対話形式ブログにして、妻がhow toの文章骨格を作り、僕がマネージメントするという形にしました。
妻の知識だから、アドセンスの名義人は妻にして僕はサポートに徹する、というスタンスで原稿をいただく事にしました。

ここから試行錯誤の始まりです。

第1章 はてなブログ期

先ほどの【にわとり夫のまいにち】は、はてなブログproを使用しAdSense申請までこぎつけました。
ちなみに、はてなブログで独自ドメインを使用できるのは有料版のproのみで、月額では1000円かかります。
proでは、複数のブログを持つことも可能でしたので、同じくはてなブログproで別のアカウントを作成しさらに、数十円で独自ドメインも新たに取得し、新しく作った審査ブログAでも申請できる体裁は整いました。

そこで、1,2記事を下書きで書いたものの、やはりよくよく考えるとAdSenseやりたさに月1000円ではてなブログproを維持することが、割に合わないと感じました。

そういうわけで、とりあえず、はてなproから何もせず撤退。
いろいろ設定がしやすそうで、アプリも使い勝手がよさそうなlivedoorブログで開始することにしました。

第2章 livedoorブログ期

というわけで、livedoorブログにお引越し。
livedoorブログは、独自ドメインを使っても無料ということがとても気に入っていました。
さてここからが本番でした。
cssも、よちよち歩きでどうにか設定・変更し、デザインもなんとか自分好みのstyleに作り上げました。

いよいよ、2018年12月中旬からブログを書き始めることとなりました。
内容は妻監修のもと妻の専門分野についてです。

Aブログ:闘いの記録【価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について】

これから、googleAdSenseとの長い闘い(約2週間)が始まるのでした。

◆0回目

まず、手始めに11月初旬付けで【プロフィール】と【プライバシーポリシー】を作成しました。
「ブログを運営開始してから最低1ヶ月経ってからAdSense申請しましょう」という注意書きがソコここにあったため、11月初旬から順に日付設定をし、週に2回更新とした体で、20記事作成した12月24日に申請をしました。(たぶんこんなことはgoogle先生はお見通しだと思うけれど)
するとすぐに<審査不能>で返ってきました

よくよくチェックすると、なんとURLを間違えているではないですか・・・・。
<ichigo>とかきたいところが<icigo>に!!
なんという凡ミス・・・・・。心底へこむとともに、気が動転し、なんとアカウントをキャンセルしてしまったのです。
これは、間抜けなアクシデントだったので以降ノーカウント意味を込めて0回目の申請とします。

まあいいか、気を取り直して申請しなおすとしよう。
12月26日を真の1回目として申請しました。

◆1回目(12/26)

ブログ:livedoor+独自ドメイン
google analytics:登録済
google search console:登録済

プライバシーポリシー:作成済
お問い合わせフォーム:作成済
メニューバー(グローバルナビゲーション):設置済
sitemap:未作成

記事の文字数:平均3200字
記事数:20記事
カテゴリ:7つ
カテゴリーに含まれる記事数:8/4/8/5/3/1/1(1記事で2カテゴリーつけている)
⇒1/1の部分は、プライバシーポリシーとプロフィール

画像:すべてフリー素材・alt属性指定せず
コピーチェック:未試行
YMYLについては、費用についての記載はあり
他サイト(アフリエイト・ランキング)リンク:なし
懸念事項:livedoorブログは SSL対応無しのため、httpsではアクセスできないこと

結果⇒12月27日夕方<価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について>

ほほう。不合格ね。まあ、いろいろ足りないだろうしね。
色々なサイトを調査し、sitemapというものが必要であると気づきました。
無料のサイトマップ作製を利用しサイトマップをgoogle seach consoleに登録してみました。正しくできているような感じにはなりました。

それでいて、google先生は、コンテンツの量が不十分というではないか。
こんなこともあろうかと思っていたのだ。それならば、こっそり書き溜めて小出しにしようとしていた記事を出してやる
7記事追加でtotal 27記事だ!勝負!

◆2回目(12/28)

<new!>sitemap:作成
<new!>記事数:20⇒27記事

ブログ:livedoor+独自ドメイン
google analytics:登録済
google search console:登録済

プライバシーポリシー:作成済
お問い合わせフォーム:作成済
メニューバー(グローバルナビゲーション):設置済

記事の文字数:平均3200字
カテゴリ:5つ
カテゴリーに含まれる記事数:8/6/8/10/15/1/1(1記事で2カテゴリーつけている)

画像:すべてフリー素材・alt属性指定せず
コピーチェック:未試行
YMYLについては、費用についての記載はあり
他サイト(アフリエイト・ランキング)リンク:なし

結果⇒12月30日夕方<価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について>

まだ記事が足りない、って?7つも増えたよ?ねぇ、ちゃんと見てる?
自動返信されてる??ねぇ、ちゃんと見てる?

◆3回目(12/30)

インデックスされていない=記事がgoogleに認識されないらしい
という情報を聞きかじりました。
なるほど。僕が一気に放出した記事を、google先生は気付いてないんだ。それならつじつまは合うよね。ごめんね、僕がお知らせしなかったのが悪いんだ。
にしても、indexってなんだ?よくわからないけれど、ネットを読み漁り<search consoleでクローラさんを召喚>してみました。
それ以外、特に何も変えていないけれど、また出してみよう。
(ここまでくると、半ばgoogle AdSenseとの意地の張り合い、のように感じてくる)

<new!>クローラにindexされるように、indexを要求してみた
ブログ:livedoor+独自ドメイン
google analytics:登録済
google search console:登録済

プライバシーポリシー:作成済
お問い合わせフォーム:作成済
メニューバー(グローバルナビゲーション):設置済

記事の文字数:平均3200字
カテゴリ:5つ
カテゴリーに含まれる記事数:8/6/8/10/15/1/1(1記事で2カテゴリーつけている)

画像:すべてフリー素材・alt属性指定せず
コピーチェック:未試行
YMYLについては、費用についての記載はあり
他サイト(アフリエイト・ランキング)リンク:なし

結果⇒1月2日午後<価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について>

あけましておめでとうございます。

ねぇ、本当に見てる?自動で跳ね返してない??それともindexさせるだけじゃ先生は気付けないかんじ?
どうすれば、先生に「記事増やしましたよー」ってお知らせできるの?

◆4回目(1/3)

正月休みで実家に帰って主夫業休業をいいことに、<コンテンツの量が不十分なサイト>について調べてみたけれど、
<価値の低い広告枠>で不合格だった人はほとんどが

<価値の低い広告枠(コンテンツのないサイト)について >
<価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について>

のどちらかで、<コンテンツの量が不十分なサイト>という不合格理由はほとんど見当たりませんでした

もうどうにも途方に暮れて、アドセンスに詳しいブロガーさん方に、添削をお願いする作戦にでました。
<いただいたアドバイス>
・1記事でカテゴリを重複させるのは良くないのでは?
・テーマがYMYLにあたる可能性があるのかも→テーマの変更も検討しては?
・記事数が30以下なのはやっぱり少ないのでは?
・フリー素材はやっぱり駄目なのでは?alt属性ついてないよ?
・自動作成で作成してるから、構文が汚いよ

と、いうわけで。
・カテゴリーを4つにしぼり、記事の所属カテゴリーを1つずつのみにした
・構文を見よう見まねで手書きにしてみた
・記事を3つ足して30記事にした

<new!>カテゴリ:4つ
<new!>カテゴリーに含まれる記事数:12/3/5/10
<new!>記事数30の大台に

ブログ:livedoor+独自ドメイン
google analytics:登録済
google search console:登録済

プライバシーポリシー:作成済
お問い合わせフォーム:作成済
メニューバー(グローバルナビゲーション):設置済

記事の文字数:平均3200字
画像:すべてフリー素材・alt属性指定せず
コピーチェック:未試行
YMYLについては、費用についての記載はあり
他サイト(アフリエイト・ランキング)リンク:なし

結果⇒1月4日午後<価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について>

しれっと同じ文面ですが。
ねぇ、本当に見てる?自動で跳ね返してない??跳ね返してるよね?
「もうこのIDしつこい!ブラックリスト!」ってことにしてないですか??

なんかさ、これ。絶対自動で跳ね返されてると思うんですけれど

確かに、一説では、
再申請するときは2週間空けなければ、自動返信で不合格になる
というものがあるんです。でも、多くの人がそんなことはないということを体験談で証明されています。
もうこれかな?これくらいしか思いつかないよ。

もう疲れたよ。もうやめていい?やめる・・・・・・。

the END

審査ブログA:そして伝説へ・・・・

・・・・少し前から、だんだん思ってきていたことがあって
livedoorブログって、とくにmobile版だと、一番いいところにlivedoorの設置しているAdSenseがあってどうにもこうにも消すことができないのです。
ある日突然、livedoorの意向で、ブログのルールが変わっても嫌だし・・・・。

そろそろ潮時かな・・・。

wordpress期

アドセンスを休憩するに乗じて、ついにwordpressに乗り換えてみよう!と思い至りました。

1/5 wordpressに乗り換えを決意。AdSenseには落ち着くまで審査に出さないことを決意

しかし、livedoorからのお引越しはとても難しそうで、素人の自分にはハードルが高すぎます。何をどうやっていいかわからない、下手をするとすごくややこしいことになりそう・・・。
でも、しばらくはAdSense出さないし、いっか。と気楽に考えることにして、とりあえず、tryです。

まずは、独自ドメインをlivedoorから外してみました

色々考えるときりがないのでできることからやってみよう!
1/12より、livedoorの記事をwordpress記事に完全コピペする作業を開始しました。
コピペが終われば、livedoorの方は下書きに変える、ということを1日で10記事繰り返す・・・。

しかし、実はこれは、google的にご法度らしく、googleの検索上にはもともとのlivedoorの記事が残ってしまうので重複ページとしてカウントされてしまいうるという恐ろしい地獄に巻き込まれうるそうな・・・・。

これを何とかするためには、indexを削除するという方法があるという情報を入手
search console旧版から、index削除のお願いを出し、indexを削除してもらえるようにしました。本当に削除されたかは、素人の僕にはわからず、google先生のみぞ知る、状態です。

ちなみに、独自ドメインを再利用したため、古いindexをクリックすると、新しいサーバーのwordpress側で、<found not>表示されることになってしまったわけです。
あー、もうなんかわけわかんない。できることを淡々とやるだけ。

さて、改めて、Aブログを、何となくみていると、文字のボリュームが多く見づらい印象を感じました。

そこで、最近はやりの<吹き出し会話>をつけてみました
あと、livedoorから抜け出したことでseverとの契約でSSLも付けれたため、https対応にもなったようです。

そんな時、思いつきました。
このすごくすごくいろいろ問題山積みな、たぶんSEO的な世界では禁忌を冒しまくっているような状態で審査に出したらどうなるのか?
いかほどの不合格理由で返ってくるのか。
すこし、googleさんを困らせてやろう。
というわけで、半ば嫌がらせのような申請を決意。

◆5回目(1/12昼:前回から8日開けてみた)

<new!>ブログ:ワードプレス+独自ドメイン
<new!>総記事数:12記事(前回より18記事少ない。この18記事は下書きにしてWPにコピペ)
<new!>カテゴリ:5つ
<new!>カテゴリーに含まれる記事数:8/3/4/8/1/(1記事で重複カテゴリーあり)

google analytics:登録済(ドメインは同じなので前回の使いまわし)
google search console:登録済(ドメインは同じなので前回の使いまわし)

プライバシーポリシー:作成済(前回のコピペ)
お問い合わせフォーム:作成済(前回のコピペ) 
メニューバー(グローバルナビゲーション):設置済

記事の文字数:平均3200字

sitemap:なし
画像:すべてフリー素材・alt属性指定せず
コピーチェック:未試行
YMYLについては、費用についての記載はあり
他サイト(アフリエイト・ランキング)リンク:なし

懸念事項
・引っ越しに伴うページの重複
・もはやgoogleのindexがどうなっているかわからない
・記事数が前回の半分以下の12記事になった
・記事もカテゴリー重複を見逃した
・フリー画像はそのまま
・sitemapなくした
・お金に関する話題あり
・引っ越しの関係で、自分以外誰も見ていない(PV1)

さあ、かかってこい!
ほら、困っただろう、突っ込みどころ満載で、困っただろう!!
さあ、どうするんだよっ
次は、どういうネタで不合格にしてくるんだ?
ダメ出し多すぎて、ポリシー違反とか言っちゃう????

結果⇒1月13日午後 <おめでとうございます。お客様のサイトでAdSense広告を表示して・・・・>

見てる???ねぇ、ちゃんと見てる??
最大30記事で<価値の低い広告枠(コンテンツの量が不十分なサイト)について>ってわけで、散々落とされて来たのに12記事で通っちゃってますよ???
あってます??

しかも、詳しいことはわかんないけれど、SEO的な禁忌を踏みまくっていると思うのですが??
sitemapもないし。

いいの?

闘いを振り返る

というわけで、正直、わかりません。旨く行った理由がわかりません

ただ、これがポイントだったかな?と思う点が2つあります。

1つはlivedoorブログをはずしたこと
⇒SSLができたことと、livedoorのgoogleAdSenseがとれたこと

2つめは、
 短期間(2週間以内)で何度も申請を連打したこと
⇒もしかして自動返信になっていた?

ということです。

でも、コンテンツの量不足と言われながらも、量を減らしたときに合格しているわけで、毎度くっついてくる不合格の理由の根拠もさっぱりわからないのですが、やはり、2週間とは言わなくとも短期間で再申請を連打すると、門前バラわれるのでは?と思うのです。
これが、グーグルとの戦いその1でした。

そして、審査ブログ制度が使えなくなったことに気づくのは、もう少し後のお話でした

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA